ゴルフ

スライスを治すためのストレッチ

アマチュアゴルファーの7割が抱える悩みがスライス!

ボールが右へ曲がりOBやスコアの伸び悩みの原因となります。
一打目のドライバーからスライスだとテンションも下がりますね。

そのスライスの大きな原因がバックスイングだといわれています。
肩のラインが開いて(ターゲット方向よりも左に向く)しまっていることです。

スライスの原因

ストレッチハーツを使うことで自宅でもバックスイングの改善ができます。
そのストレッチを紹介します。

胸まわりの筋肉をほぐす(大胸筋・小胸筋)

ストレッチハーツを両手で持ち左右に大きく振ります。
ゴルフスイングをイメージして左ひじは曲げないように手だけで胸の筋肉を伸ばしてみましょう!

慣れてきたら腰は45度、肩は90度とゴルフスイングをイメージするとよいでしょう!
お辞儀する角度を高くすればアイアンをイメージし、角度を上げるとドライバーのバックスイングがイメージできると思います。

胸の上の筋肉(大胸筋の上部)のストレッチ

肩を上げないように鎖骨で下ろすイメージでストレッチハーツを上下に上げ下げしてください。

実際に行うと胸の上の筋肉に負荷がかかっていることがわかります。
胸全体の柔軟につながるトレーニングです。

まとめ

胸回りの筋肉の可動域が広がることでバックスイングが綺麗に回りゴルフクラブが素直な軌道でボールをとらえることができるようになるはずです。

これでスライスが8割くらい改善すると思います。後は打ち抜けてからの動きをチェックすればスライスは克服できると思います。
是非試してください。

ストレッチハーツが気になる人は

ストレッチをするけど三日坊主の人は道具に頼りましょう!

3980円と購入しやすい値段でストレッチを始める良い「きっかけ」づくりになると思います。ストレッチに目覚めれば安い買い物ですね。

こちらから購入できます  ¥3980円