コラム

筋トレとストレッチで若返る

加齢とともに筋肉は硬くなる

国立健康・栄養研究所の調査
40代以上の人の場合、体が硬い人は総じて血管が固く血管年齢が高い
体が硬いと肩が凝りやすい

体を動かし体を柔らかくすることで「腰痛・肩こり」は
改善するとわかっていても結果的に筋肉が固くなり
血管も硬くなり動脈硬化や高血圧の病気リストが高くなります。

筋肉が固くなると血流もわるくなると

  1. 息切れしやすくなった
  2. 手足の冷えがつよくなる
  3. 慢性的に肩こり腰痛が続く
  4. 動脈硬化、高血圧、脳卒中の危険がある

などの症状が出てくるでしょう!

中年体型の原因は「たるみ」

筋肉が衰えると「たるみ」の原因である脂肪が増えます。
脂肪が増えるとお腹やお尻などの筋肉がたるんでしまい
体型がどんどん崩れていくのです。

軽い負荷を筋トレをする必要があります

中年のたるみ

体を若返らせるには

まずは硬くなった筋肉をほぐし柔らかくすることが大事です。

「腰痛・肩こり」の原因は運動不足による筋肉の硬くなるからで

筋肉や血管を硬くする原因の一つは「コラーゲンの糖化

筋肉にハリやたくましさをもたらしてくれる。
運動不足や糖質の摂りすぎが続くとコラーゲンに糖ががまとわりつき
硬くて伸びにくいものに変質する。
糖がたんぱく質と結びつくことを「糖化」という

ストレッチで筋肉を伸ばせば糖化で固くなったコラーゲンが壊れ
新しいコラーゲンんに代わり体がの受柔軟性が戻ります。

コラーゲンの糖化は体の柔軟性に大きく関係します。
コラーゲンは人間の体を構成するたんぱく質の一種で全身のあらゆる細胞や組織、筋肉を支える働きをしている。

ストレッチとコラーゲン

糖化したコラーゲンを修復するには

糖化したコラーゲンを修復するにはストレッチで改善できます。

糖化したコラーゲンを戻すのに重要な働きをするのが「線維芽細胞
線維芽細胞は普段眠っている状態で待機していますが
ストレッチで刺激を加えることで目覚め古い傷ついたコラーゲンを
修復することが解っています。

ストレッチハーツが気になる人は

ストレッチをするけど三日坊主の人は道具に頼りましょう!

3980円と購入しやすい値段でストレッチを始める良い「きっかけ」づくりになると思います。ストレッチに目覚めれば安い買い物ですね。

こちらから購入できます  ¥3980円